ブログtoyopet blog

ハイエースの試乗やカスタム等のご相談はぜひ愛媛トヨペット今治店へどうぞ。車中泊仕様や簡易キャンピング仕様、トランポなどもおまかせください。

2018年8月24日 [ ]

今治店の店長です。今回は最近大人気のハイエースの紹介をしたいと思います。

 

まずはハイエースの簡単な紹介です。

ハイエースは大きく分けて3タイプあります。

主に大きな重い荷物を載せることができる「バン」

14名乗りの「コミューター」

10名乗りの「ワゴン」です。

sdr

ボディ長は「ロング」と「スーパーロング」の2種類

ボディ幅は「標準」と「ワイド」の2種類

ルーフ形状は「標準」「ミドル」「ハイ」の3種類です。

dav

エンジンは

トヨタ最新の2.8ディーゼル

ワイドボデイー専用の2.7ガソリン

標準幅ボディー専用の2.0ガソリンの3種類です。

 

このようにタイプに応じてボディやルーフ、エンジンの仕様がある程度決まっております。

 

3タイプそれぞれの特徴を簡単に説明しますと、

「バン」はハコ形状の良さを最大限生かすことにより、アルファードより断然広い荷室長最大3000mmを実現してます。仕事の機材や大切な商品も何でも積めます。また趣味で使うなら、自転車やバイクを積むトランポにもなりますし、ベットキットを積めば車中泊や釣り、サーフィンなど多彩な使い方ができる最高の車です。使い方はお客様次第にどのような仕様にもカスタマイズ可能です。自家用乗用車に匹敵する高級な内外装を施したグレードのスーパーGL(写真)が一番人気です。

「コミューター」はこのボティーサイズで最大14名もの人が乗車できる魅力があります。29名乗りのバスではかなり大きすぎ、駐車場探しや狭い場所での取り回しに大変苦労しますが、この「コミューター」ならそんな心配もありません。お子様の部活動や町内の催し物などに大活躍すると思います。

「ワゴン」は普通免許で乗れる最大10名が乗車可能です。8名乗りのミニバンではフル乗車で荷物を置く場所は限られますが、「ワゴン」なら10名乗れてなおかつ荷物もゆったり積めるグレードも用意しております。この「ワゴン」なら3世代同時移動も気軽に可能です。お盆やお正月、ゴールデンウィークなどの長期休暇時などに大変喜ばれる車だと思います。ぜひ皆さんご一緒に遊び、また食事などに行かれてはどうですか。

 

3タイプ共に18年1月には待望のトヨタセーフティーセンスPが標準装備され、安全性もトップレベルとなりました。

 

このハイエースは、海外でも大人気の為盗難が多い、異常にリセールが高い、かなり目線が高いので眺めがよく、長距離運転が楽など他の車には無い特徴もございます。趣味と仕事の両立ができる大変便利な大人気車です。

dav

dav

↑このリアシート位置でも荷室はかなり広いです。長さ約200cm幅約150cmでシングルベットも収納可能!?

詳しくは、下記トヨタ自動車のHPで調べていただくか

「ハイエースバン」 「ハイエースコミューター」 「ハイエースワゴン」

ご遠慮なく今治店の営業スタッフまでお問い合わせください。現車にてご説明いたします。

 

今回はハイエースの簡単な紹介をさせていただきました。次回はもう少し詳しくハイエースの魅力に迫ってみたいと思います。

 

試乗車と展示車(不定期)をご用意して、ご来店を心よりお待ちしております。

 

今治店スタッフ一同今治店

  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタのau
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ