ブログtoyopet blog

今年も開催!「第6回 愛媛トヨペット 夏フェス」in ツインドーム重信

皆さんこんにちは。「絆人(きずなびと)」レポーターの横田です。

今回は、8月6日(月)に東温市西岡にあるツインドーム重信で開催されました「第6回 愛媛トヨペット 夏フェス」の模様をお伝えします。
愛媛トヨペットの夏フェスとは、入社2年目の社員さんたちが企画(内容、参加者、開催日時、場所、予算取りなど全て)から当日の運営まで行う夏の恒例行事で(台風で中止となり冬フェスへ変更になった昨年を含めると)今年で6回目となります。
夏フェスと言いましても立派な愛媛トヨペット独自の社員研修で、取り組む2年次にとっての目的はズバリ以下の3つです!(社員研修についてはコチラ

同期の絆を深める
創意工夫、改善の大切さを学ぶ
ひとつのことをチームで最後までやり遂げる充実感を全員で味わう

同期といっても普段違う店舗で仕事をしていますので、頻繁に集まって打ち合わせというわけにもいきません。まさに限られた時間、予算の中でいかに効率よく役割分担をしながら進めていくか、段取り力やリーダーシップ力が問われます。
そうはいってもその年の同期のカラーが出ていて一人一人の持ち味が発揮されていればOKです。誰も企画内容に対して文句を言う人なんていません。

さて、前置きはこのあたりにして、今年の夏フェスはなんと、「室内キックベース大会」&「BBQ」でした。
きくところによると「みんなが楽しめて盛り上がれそうなキックベースがいいんじゃない?」というある一人の意見がそのまま採用され実施へとつながったようです。

総勢50名近くの参加者が男女混合4チームに分かれ、トーナメント方式で試合を行いました。
1回戦の2試合は「男性は利き足でない方の足でボールを蹴る」という用意していたルールで行い、決勝戦と3位決定戦はある参加者からの提案で、「チームに1名だけ男性でも利き足で蹴っても良い」という新ルールが制定されました。そのおかげで応援スタンドまでボールが届くホームランが連発し大盛り上がりでした。良い意見はすぐに取り入れるという運営サイドの柔軟性がイベントを更に全員参加型にしていたと思います。また、会場には暑さ対策の扇風機が設置されたりBGMが流れたり、試合経過時間を知らせる電光掲示板が設置されたりと、様々なところで工夫が見られたのも今回の夏フェスの特徴でした。来年担当する1年次の皆さんはプレッシャーに感じないで下さいね。

img_5158
「ルール説明に熱心に耳を傾ける参加者たち」

dsc_0002
「いよいよ試合開始です!」

dsc_0001
「親子連れの参加も大歓迎・・・ただ、みんな結構本気です!」

img_5172
「30分の制限時間と得点が一目で分かる電光掲示板は大活躍でした」

さて、午前中のキックベースで汗を流して、そろそろお腹がすいてくる時間帯。午後からは場所を移してBBQと表彰式です。エアコン完備の会場で、表彰式のことなんか忘れて(?)思う存分お肉を堪能しました。テーブルでは「最近、そっちの仕事どうなん?」っといった会話が行き交ってました。皆さん目の前で焼かれるジューシーなお肉を前にすると会話もお箸も進みます!

img_5209
「新入社員や内定者の皆さんも先輩の話に興味津々」

img_5206
「炭火で焼くのがやっぱり美味しい!」

img_5211
「企画、運営を担当してくれた2年次の皆さんに感謝」

img_5219
「最後は全員で集合写真」

今回、企画・運営を担った入社2年目の先輩から現新入社員へとバトンは引き継がれていきます。来年の夏フェスにも乞うご期待!

今日の「絆人(きずなびと)」
「企画から運営までを手掛け、参加者全員に楽しい思い出をつくってくれた2017年4月入社の皆さん」

  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタのau
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ