ブログtoyopet blog

~シート編①~

<マイカーいいとこ発見ブログ>第3回目の今回は、シートについて語っちゃいます。

第1回目で運転するときに一番触れているところはハンドルと言いましたが、シートもその1つだと思います。シートの大きさや形、色、素材、機能、座り心地も車種によっても様々です。マイカーのシートはどんなものか覚えていますか?こだわりはありますか?

今回はシート素材についてです。シートの素材によって手触りや乗り心地も変わってきますよ~!

%e5%9b%b32

一般的に布地のシートを使用している車種が多いですね。布地のシートは本革などに比べて安価な上、お手入れが簡単でシワになりにくいです。通気性も良く、表面が熱くなったり、冷たくなったりしにくい、といったメリットがあります。
本革のシートの良さといえば、その高級感と乗り心地の良さだと思います。柔らかく、使えば使うほど色合いや質感に味が出てきます。また、水分がついてもすぐには浸み込まないので拭き取りやすいといった良さもあります。高級車のシートや高額のオプション設定になっていることが多く、素材だけではない色々な装備がついていることが多いです。なんと!アルファードやハリアーの一部のグレードにはシートヒーターだけでなく、冷風が出てくるベンチレーションという機能があるものもあります!

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%891

最近多くなってきているのが合成皮革のシートです。ソフトレザー、合皮といった呼ばれ方もします。合成皮革は、本革と同じように水分が浸み込みにくい上、お手入れがしやすいです。最近では温度変化を抑えた機能の付いたものもあります。私は小さな子どもがいるので、飲み物をこぼしたり、靴でシートに乗られても、汚れを落としやすいので合成皮革のシートを選びました。お気に入りです!また、合成皮革と布地のコンビのシートもあり、それぞれのメリットが活かされています。一部を布地にすることで、温度変化が抑えられたり滑りにくくなったりします。コンビシートにはブランノーブという上級ファブリックや、アルカンターラ、ウルトラスエードといった上質なスエードを使ったものもあり、手触りがとってもいいですよ~♬
%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2

みなさんのお車のシートはどんな素材ですか?確認してみてくださいね!そして、愛媛トヨペットの試乗車のシートをさわりに来てください!いろいろな車種をご用意してお待ちしております。
今後シートの形状や機能についても語っていきますのでお楽しみに~♪

~ステアリングホイール編~

ステアリングホイール(ハンドル)

みなさん、突然ですが車を運転しているときに触れている時間が1番長い部分はどこだと思いますか?
私はステアリングホイール(ハンドル)だと思います。
第1回目の今回はステアリングホイールについてです。

どの車にも必ずついているステアリングホイールは、車種やグレードによって仕様が違います。
今日は当社の試乗車のステアリングホイール4つをご紹介します。
下の写真、何の車種かわかりますか?

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab

正解は、
①左上:アクア(S) ②右上:ハリアー(ターボ PREMIUM Metal and leather Package)
③左下:86(GT) ④右下:エスクァイア(Gi Premium Package)
です。

①アクアのSグレードはウレタンという素材のステアリングホイールです。コンパクトカーやベーシックなグレードに多い仕様です。ウレタンは樹脂素材なので、強度があり濡れても安心なので、強く握る方や手に汗をかきやすい方に安心です。また、アクアはハンドルの形が楕円になっています。特に下の方が平になっているのは、乗り降りのしやすさを考えているんだそうです。

アクア

②ハリアーのターボ PREMIUM Metal and leather Packageは本革巻きという使用で、赤い糸の縫い目とディンプル加工がされています。縫い目に色を付けてアクセントにしています。ディンプルは「えくぼ、くぼみ」という意味です。スポーティーな車種やグレードについていることがあり、滑りにくいというメリットがあります。ハリアーはオーディオの音量やチャンネル変更以外にも電話や音声操作、メーター内のモニターを操作するボタンもあり、運転しながらいろいろな操作ができます。

ハリアー

③86のGTグレードのハンドルは本革巻きの使用です。写真ではわかりにくいですが、径が小さく俊敏な動きに最適になっており、握った時に自然に脇がしまるようなグリップ断面形状になっています。縫い目は先ほどのハリアーとは違いクロスステッチになっています。86の後期仕様からは上級グレードはステアリングスイッチもつくようになりました。

86

④エスクァイアのGi Premium Packageは本革巻きで上部の方がブラウンサイバーカーボン調加飾+ダークシルバー塗装になっています。色が写真では伝わりにくいかもしれませんね。エスクァイアのこのグレードにはステアリングヒーターというものがついております。その名の通り、スイッチひとつでステアリングホイール(本革の部分)を温めてくれる機能です。『必要なの!?』と思われる方もおられるかもしれませんが、意外といいんですよ。冬場はシートヒーターと合わせて使うと暖かいので暖房を抑えることにより、燃費向上に寄与します。

エスクァイア

冒頭にも書きましたように、車を運転しているときに一番触れているステアリングホイール。興味を持っていただけましたでしょうか?当社にはオプションで変更するぐらいステアリングホイールにこだわる社員もいます。次にご自分の車に乗る際には、どんな使用だったか確認してみてください。そして、今日紹介したステアリングホイールに興味を持った方は、ぜひ愛媛トヨペットの試乗車を乗りに来てください!

TOYOPET BLOG

ブログ

営業カレンダー

営業日カレンダー

8月11日~16日は夏季休暇のためお休みいたします

お客様相談室:0120-118-567 (受付時間:AM9:00〜PM5:30)

お問い合わせ

  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタ公式カー用品通販モール
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ