ブログtoyopet blog

~エスクァイア編①~高級×使い勝手

高級ミニバン『エスクァイア』には、高級感の中に使い勝手の良さがある!%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a21

あなたにとって”高級”とはなんでしょうか?素材が良い、機能が多い、見た目がきらびやかなど、感じ方は人それぞれだと思います。エスクァイアのオーナー様は、すでにエスクァイアの高級だと感じるところを見つけているはず!さらにエスクァイアには、高級感の中に使い勝手の良さがあふれています。

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

高級×使い勝手(1)サイドスタイル
サイドからのスタイルを見て頂くと、窓の下側に伸びるメッキのライン!高級車の多く装備されているメッキ装飾です。どこが使い勝手がいいのと思われるかもしれませんが、よく見て頂くと、運転席のところが少し下がっていますよね。運転席からの視界を広くするために窓が大きくなっているのです。視界が広いので、とても運転しやすいです。

%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2%e5%86%85%e8%a3%85

高級×使い勝手(2)シート
シート素材は、【ファブリック(消臭機能付)】、【合成皮革(昇温降温抑制機能付)】、【ブランノーブ+合成皮革】の三種類!最上級グレードのシートであるブランノーブの手触りは、癖になる触り心地です。そんな上質なシートですが、シートアレンジが多いのです。私のお気に入りは、スーパーリラックスモード!サードシートを跳ね上げて空間を作り、2列目の席を横+超ロングスライドさせることで、広々とした空間が作れます!ゆったり足をのばしてくつろげるます。お子さんのいる方は、着替えスペースにもなりますよ♪

 

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89

高級×使い勝手(3)インストルメントパネル
インパネと略される運転席や助手席の前のナビやエアコンのボタン、グローブボックスやメーターがあるあたりのことです(写真参照)。ステアリングホイールやシフトノブ(ガソリン車)は本革巻きが標準!上級になれば木目が入ったり、ステアリングホイールにヒーターがあったりします。また、助手席前の収納はシルバーのアクセントとステッチが入ったおしゃれな革巻きは当たり前!質感はぜひ、その手で確認してみてください!そんな高級感があるインパネ周りですが、収納はたっぷりです。助手席前には①アッパーボックス・②オープントレイ・グローブボックスと3つの大きな収納があります。運転席と助手席の間には③センタートレイ、そしてカップホルダーにもなるマルチトレイがあります!また、④充電用USB端子が2つもついています!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%8d

エスクァイアには、他にもいろいろな高級装備と使い勝手のいいところがあります。ぜひ探してみてください!
%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a22

~アクア編①~みんなに選ばれる理由

アクアという車をご存知ですか?車で走っていると見ない日はないぐらいたくさん走っています!わたくし和田もアクアユーザーの一人です♪
今回は、みなさんに選ばれているアクアの魅力をご紹介します!

アクアには、燃費や取り回しの良さという魅力がありますが、私が考えるアクアの1番の魅力は多様性にあると思います。軽自動車でも100万円後半で販売される今の時代。ハイブリッドカーの普通車のアクアが本体価格1,785,240円から販売しています。もちろん、お安いグレードだけでなく、本体価格2,089,800円でシートが合成皮革の高級感のあるグレード。オフロードタイプのグレード。見た目がスポティーで足回りにもこだわった走りに特化したグレードまで、多様にあります!また、パッケージオプションなどのオプションがある上に、カラーも14色+4パターンのフレックストーンが用意されており、自分好みのクルマに仕上がるのです!

img002

①高級感のあるG”ソフトレザーセレクション”
まず、ご紹介するのが、G”ソフトレザーセレクション”。何を隠そう私の乗っているグレードがこちら!(マイナーチェンジ前のモデルですが)その名の通りシートが全部ソフトレザー(合成皮革)です。先月ご紹介したソフトレザーのシートは、水分をこぼしても浸み込みにくいので、すぐに拭き取ることができます。子育て中の我が家にもぴったり!泥のついた靴で汚されても拭き取れます。室内も黒とシルバーで統一感がありシックで洗練されたデザインです。+オプションでシート表皮をホワイトにすることもできるんですよ♪人気のスマートエントリーパッケージも標準装備されています。

img096

 

②アクティブチューンなCROSSOVER(クロスオーバー)
マイナーチェンジ前にはX-URBAN(エックス-アーバン)がありました。現行タイプではCROSSOVER(クロスオーバー)というタイプが用意されています!大径のアルミホイールやバンパーガーニッシュ、フェンダーアーチモール、ルーフモールでどんな道でも走れそうなアクティブなデザインです!さらに、スキッドプレートというシルバーの部品がオフロード車をイメージさせてくれます!ちょっと違ったアクアに乗りたいという方にもおすすめです!

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2crossover

③スポーツグレードG’sとGRsports
マイナーチェンジ前にはG’s(ジーズ)シリーズの一つとして、見た目だけでなく足回りや内装にもこだわったグレードがあったのはご存知でしょうか?メッキの入った特徴的なフロントバンパーにはL字に光るLEDイルミネーションが光ります!大径アルミホイールに取り付けた195/45R17の扁平タイヤは、新車時にブリヂストン製のPOTENZA RE050Aが標準設定されているというこだわり!サスペンションの専用チューニングやボディ剛性を向上させるパーツにより、操作性と安定感がグッとよくなっています!フロントシートはアルカンターラと合成皮革のシートで、コーナリング時にも体をしっかりホールドしてくれる形状です!そんなスポーティなG’sシリーズが生まれ変わり、アクアは今冬、GRsports(ジーアールスポーツ)として生まれ変わります!

%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2

④いろいろ選べるオプション!
どの車種にもオプションはたくさんありますが、快適、便利なオプションが充実しています!私のオススメはフロントシートのシートヒーターと、省電力でとっても明るいLEDのヘッドライトです!その他にもバックカメラがお安くつけられるナビレディパッケージや、施錠開錠がとっても便利なスマートエントリーパッケージなどのパッケージオプションも人気です!

img068

⑤多すぎて迷っちゃう!?ボディカラーが豊富です!
落ち着きのあるカラー、ドライブが楽しくなるようなビタミンカラー、宝石のような深みのあるカラーなど、ベースグレードは13色、CROSSOVERは専用色を追加した14色から選ぶことができます!さらに、フロントグリルやミラーにシルバー系やイエロー系などのアクセントカラーが入ったフレックストーンも、4タイプ選択可能です!

img081

アクアにはまだまだ個性を光らせる選択肢があります。みんなに選ばれているアクアだからこそ、あなたのこだわりを魅せる1台に仕上げてみませんか?また、アクアにお乗りのみなさんは、さらにそのこだわりを輝かせてください!

~プリウスPHV編①~エコで快適

PHVって何の略かご存知ですか?(答えは後ほど)
プリウスもとってもエコカーですが、プリウスPHVはコンセントから充電ができて、さらにエコカー!そして快適装備も豊富なんですよ!

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント①>基本的に走行するときはモーター!
プリウスPHVはハイブリッドなので、エンジンもモーターも使って走行するのですが、バッテリー容量が大きくフル充電で68.2km(条件によって異なります)も走れます。買い物や通勤などほとんど電気(モーター)だけでできちゃいます。電気(モーター)で走ると排気ガスが出ないのでエコ!そして、エンジン音がしないのでとーっても静か!なので快適♪

img002

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント②>空気の抵抗、風切音を抑えたシャープなボディ!
燃費が悪くなる原因として風、空気の抵抗があります。プリウスPHVは空気抵抗係数(CD値)が0.25と、かなり小さい数値です。数字が小さいほうが抵抗が少ないということになります。これはスポーツカーのTOYOTA86よりも小さい数値なんです。空気抵抗を減らすために、空気の「流れ」を考えたスタイルになっており、特に特徴的なのが湾曲したバックドアガラス!空気がすーっと流れて空力性能を向上させてくれます。さらに、空気の流れを整える形状のリアバンパーや、風切音を抑えるフィンもついています。空気抵抗が少ないので燃費が良くなってエコ!そして、風切音が少なく、会話や音楽も聞き取りやすくて快適♪

%e5%9b%b31

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント③>エンジンも室内も冬場の寒さ対策はばっちり!
エンジンは温まったほうが燃費性能があがります。寒いと動きが悪くなりますからね!ですが、エンジンを温めるためにはガソリンを使います。せっかく温めたエンジンを冬場走っていると冷気によって必要以上に冷やされることがあります。そこで、グリルの奥に自動開閉するシャッターをつけ、エンジンが冷えすぎるのを抑えてくれます!さらに、暖房はエンジンを温め、その熱で温かい風を出してくれます。くどいようですが、エンジンを温めるためにはガソリンを使います。暖房を抑えられるとエコですよね!そこで、①人が乗っていない席の空調を自動で制御してくれるモードがあります。②シートとステアリングには電気で温まるヒーターが標準装備されています。寒がりな私はシートヒーター愛用者です。余分なエンジン暖機が不要でエコ!エアコンより早く温まるシートヒーター、ステアリングヒーターで快適♪

%ef%bd%90%ef%bd%88%ef%bd%96%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント④>駐車中も充電&エアコン♪
クルマに乗る前にエアコンが利いていたらどんなにいいだろうと思ったことはありませんか?プリウスPHVはお出かけ前に離れたところからも、スマートフォンやスマートキーを使ってエアコンをつけておけます。エコじゃないじゃん!と思ったあなた!プリウスPHVは、(グレードが限られますが)なんとオプションでソーラーパネルを天井につけることができるのです!つまり駐車中も自然エネルギーのソーラーで充電できるのです!太陽光発電しながらだからリモートエアコンを使ってもエコ!&快適♪

%ef%bc%92%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95

プリウスPHVには、他にもいろんなエコ&快適に加え、走りも良く先進機能もたくさんついています。愛媛トヨペット全店(2017年9月現在)でプリウスPHVの試乗車をご用意していますので、体感しにきてください!
そして最後に、冒頭のクイズの答えですが『P(プラグイン)H(ハイブリッド)V(ヴィーグル)』です。プラグインはコンセントで充電できる。ハイブリッドは2つの動力、モーター&エンジンで走るということでした!

DSC_0167

~マークX編①~FRセダンの魅力

車のタイプにはいろいろあります。たとえば、車としてオーソドックスな形であるセダン!愛媛トヨペットにもいろいろなセダンがあります。その中でもマークXはFRという方式で駆動しています。今回は、マークXのFRならではの特徴や魅力をご紹介します。

img004

まず、FRとはF(Frontフロントエンジン)R(Rearリアドライブ)の略です。フロントエンジンは想像できると思いますが、車の前方にエンジンがあるということ。リアドライブは、4本ついているタイヤのうちリア(後ろ)の2本が動くことによって進むということです。

エンジンルーム動力の流れ

先に述べたように後輪が駆動、前輪が操舵と役割が分かれていることで、俊敏なハンドリングと高いコーナリング性能が得られます。さらに、エンジンが縦置きのおかげもあり、前輪まわりの空間にゆとりがありハンドルの切れる角度が大きくなります。そのおかげで最小回転半径が5.2mと、同等サイズの車種で比べても小回りがききます。小回りがきくと、Uターンするときや車庫入れの際の切り替えの回数が少なくてすみますよ!

img001

足回りは、前輪=ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング<赤い矢印が指しているのがウィッシュボーンの形>、後輪=マルチリンク式コイルスプリング<赤線で示したつながり(リンク)が複数(マルチ)である>というサスペンションを使用しています。どちらも複雑な造りになっているので、乗り心地がいいだけでなく、タイヤの接地面が最適になり後輪の駆動力をしっかり地面に伝えられるというメリットがあるので、FR車と相性が良いとされています。走りと乗り心地が両立しています!

サスペンション %e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

フロント:リア=54:46と理想的な重量バランスになっています。また、運転席に座った位置は前後からほぼ真ん中になるので、ドライバーは自分が運転している!という喜びを感じられるはずです。

重量バランス

マークXのFRというアイデンティティを活かした特徴、伝わりましたでしょうか。カタカナ、横文字が多かったのでよくわからないというかたは、ぜひ愛媛トヨペットのスタッフにおたずねください。もちろんマークXは他にもたくさんの魅力があります。また別の機会にご紹介します。

TOYOPET BLOG

ブログ

営業カレンダー

営業日カレンダー

◆1月20日~21日 新型アルファード店頭発表会

◆1月27日~28日 新型アルファード試乗体感フェア

お客様相談室:0120-118-567 (受付時間:AM9:00〜PM5:30)

お問い合わせ

  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタ公式カー用品通販モール
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ

/div>