ブログtoyopet blog

~プリウスPHV編①~エコで快適

PHVって何の略かご存知ですか?(答えは後ほど)
プリウスもとってもエコカーですが、プリウスPHVはコンセントから充電ができて、さらにエコカー!そして快適装備も豊富なんですよ!

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント①>基本的に走行するときはモーター!
プリウスPHVはハイブリッドなので、エンジンもモーターも使って走行するのですが、バッテリー容量が大きくフル充電で68.2km(条件によって異なります)も走れます。買い物や通勤などほとんど電気(モーター)だけでできちゃいます。電気(モーター)で走ると排気ガスが出ないのでエコ!そして、エンジン音がしないのでとーっても静か!なので快適♪

img002

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント②>空気の抵抗、風切音を抑えたシャープなボディ!
燃費が悪くなる原因として風、空気の抵抗があります。プリウスPHVは空気抵抗係数(CD値)が0.25と、かなり小さい数値です。数字が小さいほうが抵抗が少ないということになります。これはスポーツカーのTOYOTA86よりも小さい数値なんです。空気抵抗を減らすために、空気の「流れ」を考えたスタイルになっており、特に特徴的なのが湾曲したバックドアガラス!空気がすーっと流れて空力性能を向上させてくれます。さらに、空気の流れを整える形状のリアバンパーや、風切音を抑えるフィンもついています。空気抵抗が少ないので燃費が良くなってエコ!そして、風切音が少なく、会話や音楽も聞き取りやすくて快適♪

%e5%9b%b31

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント③>エンジンも室内も冬場の寒さ対策はばっちり!
エンジンは温まったほうが燃費性能があがります。寒いと動きが悪くなりますからね!ですが、エンジンを温めるためにはガソリンを使います。せっかく温めたエンジンを冬場走っていると冷気によって必要以上に冷やされることがあります。そこで、グリルの奥に自動開閉するシャッターをつけ、エンジンが冷えすぎるのを抑えてくれます!さらに、暖房はエンジンを温め、その熱で温かい風を出してくれます。くどいようですが、エンジンを温めるためにはガソリンを使います。暖房を抑えられるとエコですよね!そこで、①人が乗っていない席の空調を自動で制御してくれるモードがあります。②シートとステアリングには電気で温まるヒーターが標準装備されています。寒がりな私はシートヒーター愛用者です。余分なエンジン暖機が不要でエコ!エアコンより早く温まるシートヒーター、ステアリングヒーターで快適♪

%ef%bd%90%ef%bd%88%ef%bd%96%e3%83%92%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%83%e3%83%81

<プリウスPHVのエコ&快適ポイント④>駐車中も充電&エアコン♪
クルマに乗る前にエアコンが利いていたらどんなにいいだろうと思ったことはありませんか?プリウスPHVはお出かけ前に離れたところからも、スマートフォンやスマートキーを使ってエアコンをつけておけます。エコじゃないじゃん!と思ったあなた!プリウスPHVは、(グレードが限られますが)なんとオプションでソーラーパネルを天井につけることができるのです!つまり駐車中も自然エネルギーのソーラーで充電できるのです!太陽光発電しながらだからリモートエアコンを使ってもエコ!&快適♪

%ef%bc%92%e3%83%aa%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%95

プリウスPHVには、他にもいろんなエコ&快適に加え、走りも良く先進機能もたくさんついています。愛媛トヨペット全店(2017年9月現在)でプリウスPHVの試乗車をご用意していますので、体感しにきてください!
そして最後に、冒頭のクイズの答えですが『P(プラグイン)H(ハイブリッド)V(ヴィーグル)』です。プラグインはコンセントで充電できる。ハイブリッドは2つの動力、モーター&エンジンで走るということでした!

DSC_0167

~シート編①~

<マイカーいいとこ発見ブログ>第3回目の今回は、シートについて語っちゃいます。

第1回目で運転するときに一番触れているところはハンドルと言いましたが、シートもその1つだと思います。シートの大きさや形、色、素材、機能、座り心地も車種によっても様々です。マイカーのシートはどんなものか覚えていますか?こだわりはありますか?

今回はシート素材についてです。シートの素材によって手触りや乗り心地も変わってきますよ~!

%e5%9b%b32

一般的に布地のシートを使用している車種が多いですね。布地のシートは本革などに比べて安価な上、お手入れが簡単でシワになりにくいです。通気性も良く、表面が熱くなったり、冷たくなったりしにくい、といったメリットがあります。
本革のシートの良さといえば、その高級感と乗り心地の良さだと思います。柔らかく、使えば使うほど色合いや質感に味が出てきます。また、水分がついてもすぐには浸み込まないので拭き取りやすいといった良さもあります。高級車のシートや高額のオプション設定になっていることが多く、素材だけではない色々な装備がついていることが多いです。なんと!アルファードやハリアーの一部のグレードにはシートヒーターだけでなく、冷風が出てくるベンチレーションという機能があるものもあります!

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%891

最近多くなってきているのが合成皮革のシートです。ソフトレザー、合皮といった呼ばれ方もします。合成皮革は、本革と同じように水分が浸み込みにくい上、お手入れがしやすいです。最近では温度変化を抑えた機能の付いたものもあります。私は小さな子どもがいるので、飲み物をこぼしたり、靴でシートに乗られても、汚れを落としやすいので合成皮革のシートを選びました。お気に入りです!また、合成皮革と布地のコンビのシートもあり、それぞれのメリットが活かされています。一部を布地にすることで、温度変化が抑えられたり滑りにくくなったりします。コンビシートにはブランノーブという上級ファブリックや、アルカンターラ、ウルトラスエードといった上質なスエードを使ったものもあり、手触りがとってもいいですよ~♬
%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%82%a2

みなさんのお車のシートはどんな素材ですか?確認してみてくださいね!そして、愛媛トヨペットの試乗車のシートをさわりに来てください!いろいろな車種をご用意してお待ちしております。
今後シートの形状や機能についても語っていきますのでお楽しみに~♪

~マークX編①~FRセダンの魅力

車のタイプにはいろいろあります。たとえば、車としてオーソドックスな形であるセダン!愛媛トヨペットにもいろいろなセダンがあります。その中でもマークXはFRという方式で駆動しています。今回は、マークXのFRならではの特徴や魅力をご紹介します。

img004

まず、FRとはF(Frontフロントエンジン)R(Rearリアドライブ)の略です。フロントエンジンは想像できると思いますが、車の前方にエンジンがあるということ。リアドライブは、4本ついているタイヤのうちリア(後ろ)の2本が動くことによって進むということです。

エンジンルーム動力の流れ

先に述べたように後輪が駆動、前輪が操舵と役割が分かれていることで、俊敏なハンドリングと高いコーナリング性能が得られます。さらに、エンジンが縦置きのおかげもあり、前輪まわりの空間にゆとりがありハンドルの切れる角度が大きくなります。そのおかげで最小回転半径が5.2mと、同等サイズの車種で比べても小回りがききます。小回りがきくと、Uターンするときや車庫入れの際の切り替えの回数が少なくてすみますよ!

img001

足回りは、前輪=ダブルウィッシュボーン式コイルスプリング<赤い矢印が指しているのがウィッシュボーンの形>、後輪=マルチリンク式コイルスプリング<赤線で示したつながり(リンク)が複数(マルチ)である>というサスペンションを使用しています。どちらも複雑な造りになっているので、乗り心地がいいだけでなく、タイヤの接地面が最適になり後輪の駆動力をしっかり地面に伝えられるというメリットがあるので、FR車と相性が良いとされています。走りと乗り心地が両立しています!

サスペンション %e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

フロント:リア=54:46と理想的な重量バランスになっています。また、運転席に座った位置は前後からほぼ真ん中になるので、ドライバーは自分が運転している!という喜びを感じられるはずです。

重量バランス

マークXのFRというアイデンティティを活かした特徴、伝わりましたでしょうか。カタカナ、横文字が多かったのでよくわからないというかたは、ぜひ愛媛トヨペットのスタッフにおたずねください。もちろんマークXは他にもたくさんの魅力があります。また別の機会にご紹介します。

~ステアリングホイール編~

ステアリングホイール(ハンドル)

みなさん、突然ですが車を運転しているときに触れている時間が1番長い部分はどこだと思いますか?
私はステアリングホイール(ハンドル)だと思います。
第1回目の今回はステアリングホイールについてです。

どの車にも必ずついているステアリングホイールは、車種やグレードによって仕様が違います。
今日は当社の試乗車のステアリングホイール4つをご紹介します。
下の写真、何の車種かわかりますか?

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab

正解は、
①左上:アクア(S) ②右上:ハリアー(ターボ PREMIUM Metal and leather Package)
③左下:86(GT) ④右下:エスクァイア(Gi Premium Package)
です。

①アクアのSグレードはウレタンという素材のステアリングホイールです。コンパクトカーやベーシックなグレードに多い仕様です。ウレタンは樹脂素材なので、強度があり濡れても安心なので、強く握る方や手に汗をかきやすい方に安心です。また、アクアはハンドルの形が楕円になっています。特に下の方が平になっているのは、乗り降りのしやすさを考えているんだそうです。

アクア

②ハリアーのターボ PREMIUM Metal and leather Packageは本革巻きという使用で、赤い糸の縫い目とディンプル加工がされています。縫い目に色を付けてアクセントにしています。ディンプルは「えくぼ、くぼみ」という意味です。スポーティーな車種やグレードについていることがあり、滑りにくいというメリットがあります。ハリアーはオーディオの音量やチャンネル変更以外にも電話や音声操作、メーター内のモニターを操作するボタンもあり、運転しながらいろいろな操作ができます。

ハリアー

③86のGTグレードのハンドルは本革巻きの使用です。写真ではわかりにくいですが、径が小さく俊敏な動きに最適になっており、握った時に自然に脇がしまるようなグリップ断面形状になっています。縫い目は先ほどのハリアーとは違いクロスステッチになっています。86の後期仕様からは上級グレードはステアリングスイッチもつくようになりました。

86

④エスクァイアのGi Premium Packageは本革巻きで上部の方がブラウンサイバーカーボン調加飾+ダークシルバー塗装になっています。色が写真では伝わりにくいかもしれませんね。エスクァイアのこのグレードにはステアリングヒーターというものがついております。その名の通り、スイッチひとつでステアリングホイール(本革の部分)を温めてくれる機能です。『必要なの!?』と思われる方もおられるかもしれませんが、意外といいんですよ。冬場はシートヒーターと合わせて使うと暖かいので暖房を抑えることにより、燃費向上に寄与します。

エスクァイア

冒頭にも書きましたように、車を運転しているときに一番触れているステアリングホイール。興味を持っていただけましたでしょうか?当社にはオプションで変更するぐらいステアリングホイールにこだわる社員もいます。次にご自分の車に乗る際には、どんな使用だったか確認してみてください。そして、今日紹介したステアリングホイールに興味を持った方は、ぜひ愛媛トヨペットの試乗車を乗りに来てください!

マイカーいいとこ発見ブログ

このブログは、愛媛トヨペット新車・販促グループの和田が、車の好きなところについて語るものです。
このブログを見て、ご自身のクルマをより好きになっていただけたらと考えております。
全車に共通するものや車種ごとのものもあります。

TOYOPET BLOG

ブログ

営業カレンダー

営業日カレンダー

8月11日~16日は夏季休暇のためお休みいたします

お客様相談室:0120-118-567 (受付時間:AM9:00〜PM5:30)

お問い合わせ

  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタ公式カー用品通販モール
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ