亀岡 篤

2017年8月2日

西山 恵実

2017年8月2日

濱田 大稀

2017年8月2日

ラッキーチャレンジ抽選会 当選番号発表!!

2017年7月18日 [ ]

lucky-challenge

 

◆賞品のお引き替えは7月30日(日)まで!

当選数:全店合計60本
商品は店頭にて抽選券と交換いたします。
ご当選のラッキーチャレンジ抽選券の裏面に情報を記入いただき、ご持参ください。
抽選券が無い場合は無効となります。

ご当選お申し込み期間 7月7日〜7月30日

ハリアー 腕時計賞 5本
PH No 000476
PC No 000549
PK No 000685
PI No 000267
PD No 003293

えらべるギフト賞  5本
PH No 000350
PM No 000064
PN No 000806
PO No 000168
PU No 000231

アクア ごろ寝袋(エアーマット)賞  10本
PH No 000023
PC No 000356
PK No 000471
PM No 000362
PN No 000723
PI No 000111
PO No 000395
PU No 000434
PH No 000339
PN No 000811

アクア モバイルチャージャー賞 20本
PH No 000002
PH No 000428
PH No 000321
PH No 000184
PC No 000111
PC No 000373
PC No 000695
PK No 000322
PK No 000589
PM No 000270
PM No 000107
PN No 000492
PN No 000888
PN No 000455
PI No 000389
PI No 000672
PI No 000666
PO No 000301
PU No 000225
PU No 000459

タンブラー賞 20本
PH No 000432
PH No 000555
PH No 000107
PC No 000422
PC No 000770
PC No 000668
PK No 000443
PK No 000678
PM No 000449
PM No 000005
PN No 000110
PN No 000444
PN No 000799
PI No 000555
PI No 000963
PI No 000774
PO No 000332
PO No 000016
PU No 000442
PU No 000333

特別賞 100本(プルバックカー)
下2桁 60

2017年 新春試乗アンケート抽選会

2017年1月6日 [ ]

新車に試乗してアンケートに答えて
豪華景品をゲットしよう!

期間中(1月15日まで)、愛媛トヨペットのお店で新車を試乗いただき
アンケートに記入いただいたお客様の中から
抽選で合計6名様にA賞‐C-HR G-SHOCK G’ MIX GBA-400(文字盤黒モデルor金モデル)をプレゼント。

惜しくも抽選にもれた方の中から
抽選で合計60名様にB賞‐プルバックカーをプレゼントいたします。
※商品の色はお選びいただけません。ご了承ください。

20170112のサムネイル

井上 桂代思

2016年12月24日

「まずはお客様のために。そう言われても正直はじめは綺麗ごとなんじゃないかと思っていました。結局はどれだけ売ったか、という数字が大事なんじゃないかって。」

――と、なんとも大胆でストレートな発言で驚かせてくれた井上桂代思さん。しかし“はじめは”ということは、今はその認識が変わってきたということでしょうか。

「先輩から引き継いだお客様で、そろそろ車を手放そうかなと考えていた方がいらっしゃったんです。車を使う頻度も減ったし、いざとなれば嫁さんの車もあるし、と。そこで僕が買い取りの段取りをしていくことは簡単でした。ただ、少し気になったんです。土地柄、車の無い生活は簡単ではない。年齢的にもまだまだお元気で、出かける機会もそう少なくはなさそうだし。」

――悩んだ井上さんは思い切って“お客様の生活スタイルにあった車”へのお乗り換えを提案。これが大正解。以前の車より気軽に乗れて、さらには維持費も安く済むとお客様は大満足されたそうです。この出来事が井上さんにとって転機となりました。

「お客様がどういう生活をされて、何を望んでいらっしゃるのか、何気ない会話の中にヒントはたくさん隠されています。お客様の気持ちに寄り添った提案をしていく事は、お客様の生活における選択肢を増やすこと。これがまさに“お客様のため” であり“お客様との絆” を結ぶこと。喜んでもらえた上に数字も付いてくる楽しさを身をもって知りました。」

――ところで井上さん、この愛媛トヨペット今治店はなんだかすごくアットホームな雰囲気ですね。

「う一ん、そうですかね?確かに社内の人間関係はものすごくいいです。営業スタッフは年齢層の幅が広く、ついつい若手社員は遠慮がちになってしまいそうですが、そこはさすが先輩方。ことあるごとに声をかけてくれ、率先して雰囲気作りをしてくれています。」

――なるほど、なんともいえないこの居心地の良さは、先輩社員と若手社員が奏でるハーモニーだったのですね。「先輩を観察して、ひとつでも多くのことを学びたい。」と熱っぽい瞳で語ってくれた井上さん。この目に見えない大切なものを是非とも大切に受け継いでいってください。

上司のヒトコト


仕事の本質が意識できれば、未来が大きく変わってくる。

白石 秀樹/店長

入社当初から井上君の明るさは群を抜いていました。人懐こくて明るい笑顔には、営業への適性を感じて止みません。もちろん、何の心配もしていなかったわけではないです。彼には数字へのこだわりがちょっと強すぎるきらいがありましたから。けれど最近は「お客様との関係を作っていく」というこの仕事の本質が、少しずつ見え始めてきたようです。そう、焦りは禁物。今は土台づくりの時なんです。若いあなたが見つめるべきは明日の1 台、ではなく10 年後の1 台だと肝に銘じて下さい。そうすることで、お客様に対して、より細やかな心配りをする余裕が生まれると思います。

平井 淳也

2016年12月24日

――トヨタサービス技術検定1 級の合格を目指し、日夜勉強中という平井さん。高校は普通科に通いながらも「好きな事を仕事にしたい。」との思いが高まり、周囲の反対を押し切ってトヨタ神戸自動車大学校に進学したそうです。どうでしょう、念願かなって希望のお仕事をされる感想は?

「今だから言えますが、それが失敗だったんじゃないかと悩んだ時期もありました。学生時代も僕なりに勉強してきたつもりだったんですよ。それなのに、いざ現場へ出てみると何もできなかった。まさに挫折ですよね。もう車なんか嫌いだとさえ思いました。趣味の範囲で留めておけば、こんな気持ちになることもなかったんじゃないかって。」

――“こんなはずじゃないのに”という焦りと不安。多くの人が社会に出て一度は味わう気持を平井さんはどうやって乗り越えてきたのでしょうか。

「最初は車に触らせてももらえませんでした。僕にできる事は本当に限られていましたから当たり前かもしれません。だから、時間の許す限り先輩方の作業を見ていました。何もできなくても、仕事の中に身を置く事で何かを吸収できるんじゃないかと必死でした。それに、先輩方の励ましがあったからこそ乗り越えられたのだと思います。だからこそ、3年目になって、ようやくエンジンを降ろす作業を任せてもらえた時の喜びは忘れられません。この時初めて、少しはクルマとの絆を結べたかなって思いました。」

――そんな平井さんの一番嬉しい瞬間は、お客様が笑顔で帰っていく時。

「お客様が1台の車と付き合う時間は、昔と比べて確実に増えているんです。それは僕たちの出番も増えているということ。ひとりでも多くのお客様から笑顔を見せていただけるように、まだまだ勉強することが山積みです。」

――言葉の端々に、車に対する、そして仕事に対する並々ならぬ思い入れを感じます。
「不思議なもので自分達が手掛けた車は覚えているんです。街中で走っているのを見かけた時は、もう気になってしょうがないです。」
――失礼しました平井さん。それはもう“思い入れ”なんかではなく“愛”ですね!

上司のヒトコト


スキルアップする事でできる作業が増え、仕事が楽しくなってくる。

正岡 司/サービス係

平井君が他店舗で勤務していた頃から、ものすごく真面目な男がいると評判でした。まさに噂通りで、毎朝いちばんに来てゴミの片付けなどをしている姿を見ていると本当に応援したくなります。ただ、愚痴のひとつも言いませんけど大丈夫ですか?それだけが心配です(笑)。これからスキルアップしていけば仕事はますますおもしろくなっていきますから、それを楽しみに勉強がんばってください。依頼された仕事を完遂しつつ、さらにひとつ提案できることはないかを考えながら車を診られるようになれば一人前です。

アクア GR-SPORT

2016年12月22日

プリウス アルファ GR-SPORT

2016年12月22日

ハリアー GR-SPORT

2016年12月22日
  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタのau
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ