今年も開催!「第6回 愛媛トヨペット 夏フェス」in ツインドーム重信

皆さんこんにちは。「絆人(きずなびと)」レポーターの横田です。

今回は、8月6日(月)に東温市西岡にあるツインドーム重信で開催されました「第6回 愛媛トヨペット 夏フェス」の模様をお伝えします。
愛媛トヨペットの夏フェスとは、入社2年目の社員さんたちが企画(内容、参加者、開催日時、場所、予算取りなど全て)から当日の運営まで行う夏の恒例行事で(台風で中止となり冬フェスへ変更になった昨年を含めると)今年で6回目となります。
夏フェスと言いましても立派な愛媛トヨペット独自の社員研修で、取り組む2年次にとっての目的はズバリ以下の3つです!(社員研修についてはコチラ

同期の絆を深める
創意工夫、改善の大切さを学ぶ
ひとつのことをチームで最後までやり遂げる充実感を全員で味わう

同期といっても普段違う店舗で仕事をしていますので、頻繁に集まって打ち合わせというわけにもいきません。まさに限られた時間、予算の中でいかに効率よく役割分担をしながら進めていくか、段取り力やリーダーシップ力が問われます。
そうはいってもその年の同期のカラーが出ていて一人一人の持ち味が発揮されていればOKです。誰も企画内容に対して文句を言う人なんていません。

さて、前置きはこのあたりにして、今年の夏フェスはなんと、「室内キックベース大会」&「BBQ」でした。
きくところによると「みんなが楽しめて盛り上がれそうなキックベースがいいんじゃない?」というある一人の意見がそのまま採用され実施へとつながったようです。

総勢50名近くの参加者が男女混合4チームに分かれ、トーナメント方式で試合を行いました。
1回戦の2試合は「男性は利き足でない方の足でボールを蹴る」という用意していたルールで行い、決勝戦と3位決定戦はある参加者からの提案で、「チームに1名だけ男性でも利き足で蹴っても良い」という新ルールが制定されました。そのおかげで応援スタンドまでボールが届くホームランが連発し大盛り上がりでした。良い意見はすぐに取り入れるという運営サイドの柔軟性がイベントを更に全員参加型にしていたと思います。また、会場には暑さ対策の扇風機が設置されたりBGMが流れたり、試合経過時間を知らせる電光掲示板が設置されたりと、様々なところで工夫が見られたのも今回の夏フェスの特徴でした。来年担当する1年次の皆さんはプレッシャーに感じないで下さいね。

img_5158
「ルール説明に熱心に耳を傾ける参加者たち」

dsc_0002
「いよいよ試合開始です!」

dsc_0001
「親子連れの参加も大歓迎・・・ただ、みんな結構本気です!」

img_5172
「30分の制限時間と得点が一目で分かる電光掲示板は大活躍でした」

さて、午前中のキックベースで汗を流して、そろそろお腹がすいてくる時間帯。午後からは場所を移してBBQと表彰式です。エアコン完備の会場で、表彰式のことなんか忘れて(?)思う存分お肉を堪能しました。テーブルでは「最近、そっちの仕事どうなん?」っといった会話が行き交ってました。皆さん目の前で焼かれるジューシーなお肉を前にすると会話もお箸も進みます!

img_5209
「新入社員や内定者の皆さんも先輩の話に興味津々」

img_5206
「炭火で焼くのがやっぱり美味しい!」

img_5211
「企画、運営を担当してくれた2年次の皆さんに感謝」

img_5219
「最後は全員で集合写真」

今回、企画・運営を担った入社2年目の先輩から現新入社員へとバトンは引き継がれていきます。来年の夏フェスにも乞うご期待!

今日の「絆人(きずなびと)」
「企画から運営までを手掛け、参加者全員に楽しい思い出をつくってくれた2017年4月入社の皆さん」

「第2回 全国トヨペットカートグランプリ」社内予選会

皆さんこんにちは。「絆人(きずなびと)」レポーターの横田です。

今回は、7月23日(月)に今治市丹原にある瀬戸内海サーキットで開催されました「第2回 全国トヨペットカートグランプリ」社内予選会の模様をお伝えします。
そもそもトヨペットカートグランプリって何のこと?という方は、『コチラ』から第1回全国大会の模様をご覧いただけます!

予選会当日の昼間の気温は35度を超える猛暑日。
にもかかわらず我こそはという腕に自信のある経験者から初めてという初心者まで、
総勢20名の参加者が集まりました。カートときいて遊園地にあるゴーカートを想像される方も多いかと思いますが、あなどることなかれ。
「カートは立派なモータースポーツです!」
フルフェイスのヘルメットに全身トヨペットのメカニックスーツに身を包み、灼熱のサーキットコースを結構なスピードで走り抜けます。
タイムアタックの順番を待つ選手の様子をご覧ください。

練習走行を終えて、ほっと一息ついてます
「練習走行を終えて、ほっと一息ついてます」


「トヨペットメカニックスーツを着てハイポーズ PART1(この秋から更に格好良いデザインに一新されます)」


「トヨペットメカニックスーツを着てハイポーズ PART2(この秋から更に格好良いデザインに一新されます)」

さあいよいよタイムアタックの開始です。
店長、副店長、本部スタッフ、役員、新入社員…20名の出場選手は店舗も役職もさまざまです。
店舗のことが気になる方はぜひ『コチラ』の店舗ブログをご覧ください!

 


「やはり仲間の走りも気になります」


「1周毎のラップタイムをドライバーに知らせます」

「3周のうち最も早いタイムが記録になります」
「3周のうち最も早いタイムが記録になります」

20名全員が走り終え、いよいよ結果発表です!

 


「見事予選を勝ち抜いた出場選手たち」

 左からサービス本部 M次長、小坂店 A副店長、三島川之江店エンジニア Iさん、宇和島店店頭スタッフ Kさん、おめでとうございます!
そして、三島川之江店エンジニアのFさんは補欠兼記録係として4選手を支えます。


「最後に全員で集合写真。役員2名は負けを確信し、潔く退散させていただきました。」

女性選手1枠に2名、男性選手3枠に18名のエントリー。
狭き門でしたが皆さん競い合うというよりはいい汗かきながら純粋にモータースポーツを楽しんでいたのが印象的でした。
これから愛媛トヨペットにモータースポーツ旋風が巻き起こることを予感させるような皆さん本当にいい表情をしています。

 

9月12日(水)富士スピードウェイでの全国大会の模様は、この絆人ブログでご紹介しますので乞うご期待!!

今日の「絆人(きずなびと)」
「経験の有無にかかわらず楽しい時間を仲間と共有した20名の皆さん」

第56回 愛媛マラソン出場レポート

皆さんこんにちは。「絆人(きずなびと)」レポーターの横田です。

今回は、2月4日(日)に開催されました第56回愛媛マラソンの模様をご紹介します。

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e5%89%8d

「スタート前の集合写真 みんな笑顔ですがこの時の気温は1度ほど」

 

%e7%b5%86%e4%ba%ba%e8%83%8c%e4%b8%ad%e5%86%86%e9%99%a3

「円陣を組んで士気を高めます」

 

%e9%9a%85%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93%e5%b2%a9%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93

「明るさ、脚力ともにリピット新居浜のエース2人」


まず今大会の特徴を一言で表すならば、とにかく「寒かった」に尽きると思います。最低気温0.5度、最高気温2度に加え、冷たい横風が吹きつけるという愛媛マラソンが市民マラソン化されて最も厳しいコンディションの中の42.195Km—。にも関わらず、出場者数は過去最多の10,367人、完走率は89.39%だったそうです。

 

 

%e5%90%89%e7%94%b0%e5%b9%b8%e5%b9%b3%e3%81%95%e3%82%93-2

「万全の防寒対策をして大会に臨んだ空港通本店営業スタッフのYさん」

 

 

「久しぶりの出場に喜びをかみしめながら走る総務グループのNさん」


「どうして苦しむことが分かっていながらそれでも走ろうとするのですか?」市民マラソン経験者なら誰もが一度は受けたことがあるこの類の質問に対する答えを、今回ほど多くのランナーたちが自問自答した大会はなかったのではないでしょうか。

%e6%97%a5%e5%90%89%e3%81%95%e3%82%93-2

「最後までペースを落とさず走り抜いた空港通本店のサービスエンジニアのHさん」

 

%e6%a3%ae%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93

「仕事帰りジムに通い成果を発揮した空港通本店のサービスエンジニアのMさん」


私も考えました。「走ることが好きだから!」などと無理やり自分に言い聞かせてもみましたが、その考えはすぐに消えていき、最終的に残った答えは、「周囲の応援にこたえたい」、「準備に費やしてきた時間をここで無駄にしたくない」、「走り終わった後の達成感をみんなで分かち合い合い」というものでした。仮に周囲の応援も準備もなしに、突然極寒の中を一人で走れと言われれば、スタート出来たとしてもすぐに途中でやめていたと思います。この自分を認めてくれる身近な人の存在や、日々の努力といったことは、マラソンに限らず、私たちが何か目的を達成しようと決意し、その為に実行する日々の生活の中でも大切なことだと思います。小さなことでも結構です。この記事を読まれた皆さんも、今日から何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。愛媛マラソンのような途切れることのない沿道の応援はなかなか得られるものではありませんが、声や拍手はなくとも、見てくれている人(応援者)は必ずいるものです。

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%be%8c

最後にご報告です。今回、愛媛トヨペットからは17名が出場、16名が見事完走しました。今年も沿道で応援いただいた皆さん、運営に携わって下さった皆さん、その他様々な形で間接的に関わって下さった皆さん、本当にありがとうございました。おかげさまで全員がゴール地点で最高の達成感を味わうことが出来ました。出場選手17名を代表して御礼申し上げます。

今日の「絆人(きずなびと)」
「愛媛マラソンに出場を果たした選手17名とそのご家族、42.195Kmの壮大な挑戦を支えて下さった全ての皆さん」

 

全国トヨペット店カートGP大会 in 富士スピードウェイ

副社長 兼 「絆人(きずなびと)」レポーターの横田です。

平成29年9月2日、3日の2日間は、富士スピードウェイで全国トヨペット店のカートに関わった人たちが熱く盛り上がりました。

「爽快感いっぱいの富士スピードウェイ」

我らが「Team ふぞろいの蜜柑(みかん)たち」は、一人を除けば全員カート初心者、練習は直前の半日のみ!無謀にも全国制覇を目標を掲げ、激闘(?)を繰り広げてきました。

「スタート直前のチームメンバー」

ちなみにチームメンバーは写真の通り。おそらく出場チーム中、最強にふぞろいのメンバーです!(「何が」かは想像にお任せします)愛媛県代表というより、唯一四国から出場した四国代表として、チーム一丸となって恥じない走りをしようとレース前に誓い合いました。

「タイムトライアルの結果順にスタートを待ちます」

スタート位置は事前のタイムトライアル(女性ドライバー限定)の順位で決まります。メンバー写真でカートに乗っている空港通本店のMさんが、タイムトライアルに挑戦し見事チームに良い流れを作ってくれました!

「レース後の集合写真」

マネージャーとして必死に声援を送ってくれた松山中央店営業のNさんも加わってパシャリ! この全員のすがすがしい表情を見て下さい!今回のレースは50周耐久レースで、トップのチームが走り終えた時点でレースは終了というルール。残りチームは失意の中、流し走行でピットにもどって来なければなりません。ピットから走行中のドライバーに出し続けたメッセージボードの「ラスト一周」に込めた想いは、「レースはここでは終わらない。ラスト一周のラップを刻む為にも次回はしっかりと準備をして臨む」です。

「みきゃんTシャツで愛媛をしっかりPR」

今回、残念ながら私たちは50周完走することが出来ませんでした…。が、それでも45周を4人で走り切りました!今後に向けて課題も忘れていません。次回の全国トヨペット店カートGP大会に向けて絆をつないでいきます!

「第2回 全国トヨペットカートグランプリ」社内予選会の様子はコチラ

「絆人(きずなびと)」認定 №2
「不揃いながら一丸となって全国大会出場を果たしたカート代表チームの皆さん」

四国トヨペット店野球大会 in 高知東部球場

副社長 兼 「絆人(きずなびと)」レポーターの横田です。

第2回四国トヨペット店野球大会のレポートです。夏の甲子園も終盤に差し掛かり、サッカーワールドカップ最終予選に世間の関心が集まり始める8月21日(月)の9時。オフシーズンで人気(ひとけ)のない高知東部球場に、四国四県から続々とバスが到着しました。

「開催地高知トヨペットの選手による選手宣誓」

 

「役員も全員参加の3塁側応援スタンド」

「P高知戦は終盤の連打で逆転勝利」

「愛媛トヨペットの応援が一番盛り上がっています!」

「全試合に登板し投打に活躍した松山中央店営業のK投手」

「仲間の攻撃を見守る松山中央店営業のS監督と選手たち」

「どの試合も一進一退、僅差の好ゲーム」

「去年勝っているP徳島さんには1-3の惜敗」

「MVPはP高知戦 連打の口火を切った空港通本店営業のH選手」

「3位の表彰状を受けとる新車・販促グループのTキャプテン」

来年の開催地はいよいよ我々のホーム、愛媛です!「来年こそは優勝を」という大洲店営業のO新監督の掛け声のもと、既にチームは動き出しており、なんと10月9日(月)には社会人チームとの練習試合が決定しています。

 

「絆人(きずなびと)」認定 №1
「会社の看板を背負い、強烈な暑さとプレッシャーにもめげず最後まで闘い抜いた選手の皆さん」

【「絆人(きずなびと)」発見!】ブログ創刊にあたって

%e7%84%a1%e9%a1%8c

「絆人(きずなびと)」とは、お客様との絆、社員同士の絆、お取引先や地域との絆を生み出せる人のことをいいます

思えば愛媛トヨペット60年の歴史も、多くの「絆人」たちの力が結集することでつくられてきました

創業60周年を機に、わが社の新たな歴史をつくっていく「絆人」の活躍を紹介する
【「絆人」発見!】ブログをここに創刊致します

 

保護中: 「第2回 全国トヨペットカートグランプリ」社内予選会<社内限>

2001年7月26日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 第56回 愛媛マラソン出場レポート<社内限>

2001年2月12日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 2018年 営業・サービススタッフ表彰 表彰晩餐会 in 名古屋ドーム<社内限>

2001年1月31日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 全国トヨペット店サービス技術コンクール奮闘記(2)<社内限>

2000年12月11日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 採用情報
  • CSRの取り組み
  • GreenLife応援活動
  • JAF入会はこちら
  • エコカー減税
  • トヨタカード
  • トヨタのau
  • アクア・ソーシャル・フェス 

このページのトップへ

このページのトップへ